知っておきたい!レンタルオフィス選びのポイント

レンタルオフィスを選ぶコツ・業務編

この記事をシェアする

セキュリティ設備

仕事として使うオフィスでは、機密を守る情報面でのセキュリティと関係のない人間が簡単に出入りできないための物理的なセキュリティは必須です。
特にレンタルオフィスでは不特定の人間が出入りする以上、セキュリティにはより気を払う必要があります。
情報面で言うと、Wi-Fiを提供しているレンタルオフィスが多いのですが不特定多数の人間が同じ回線を使うという性質上どうしても情報漏洩のリスクが拭い去れません。
万全を図るのであれば居室にLANケーブル用の回線が引かれているレンタルオフィスを選ぶようにした方がベターです。
物理的な面では、警備員やオートロック設備の有無が挙げられます。
また少し変則的な目安となりますが、銀行や消費者金融などの金融機関は他の業種に比べて人一倍セキュリティに気を払うので、金融機関が入っているビルにあるレンタルオフィスはセキュリティが高い傾向にあると言えます。

受付や秘書代行の有無

レンタルオフィスを借りる場合、企業としては少数かフリーランスの個人の方が多いのではないのでしょうか。
このため大半のレンタルオフィスでは、秘書代行や受付窓口のサービスを提供しており、人員が十分に確保できない企業や事業主に重宝されています。
ただ、便利な反面、自社の業務を人任せにするという側面もあり、明らかに代行サービスを使っていると先方に知られるのはあまりプラスに働きません。
代行スタッフが頻繁に入れ替わったり、研修が不十分だったりするとこちらの信用問題にも関わってきます。
極力練度の低いスタッフを扱っている業者を見分ける必要があります。
当然のことですが、そういった情報は極力隠されるので正攻法で調べるよりは、スタッフの在籍人数および求人を出している頻度や研修期間を見て、適正であるかを判断する方法がおすすめです。